脱毛が期間を要するわけ

バナー

脱毛が期間を要するわけ

光を使った脱毛法が人気です。
肌にあまりダメージを与えることなくムダ毛を処理できることから、美容に関心の高い女性から高く支持されています。



そんな脱毛ですが、全身脱毛をするには少なくとも1年は通う必要があります。


本気でツルツルにしたいなら1年では終わらずに3年ほど通う必要があるともいわれているのです。
光で簡単に処理できるのに、なぜこれほど期間を要するのでしょうか。

これはムダ毛の方に問題があるのです。



毛には毛周期という生えてから抜け落ちるサイクルがあり、光が効果があるのがその中でも成長期の毛だけだからです。



光を照射した部分の毛、すべてが成長期ということはありえないので、どんなに強い光でも間隔をあけて何回か照射しないといけないわけです。

さらに光の強さも問題です。
とくにエステなどで行われる光脱毛は、医療機関で行われる医療レーザーに比べて光が弱めです。

そのため回数を繰り返さないと思ったような効果を得られません。

さらに回数をこなすとは言っても、毎日のように照射をすると肌に大きなダメージを与えてしまいます。

そうなると2、3か月など間隔をあける必要があり、結果的にそれなりの期間を要することになります。


それに加えて問題なのが予約です。人気サロンともなると、土日祝日はもちろん、平日の夕方以降の予約は数か月先までいっぱいといわれています。

予約を取りたくても取れずに一向に施術が進まず、期間を要することにもなるのです。