夏場の脱毛で気を付けたいこと

バナー

夏場の脱毛で気を付けたいこと

脱毛というと夏のイメージが強いかもしれません。

肌の露出が多くなるのが夏ですから、そう考えるのは当然です。

今はやりの光脱毛ですが、少なくとも1年は通う必要があります。

夏場に間に合わせたいなら秋の終わりから始めることになりますが、脱毛もそろそろ終了となる夏場の肌ケアが成功のカギを握るのです。



光脱毛は光を使ってムダ毛を処理します。

この光は黒い色だけに反応する性質を利用しています。
照射前にムダ毛はあらかじめきれいに剃っておきます。その状態で照射をすることで肌内部のムダ毛だけに光が反応し、ムダ毛を処理していくわけです。

この黒い色に反応するというのが問題です。



日焼けは美肌の敵と言われているので、夏場に自ら日焼けをしようと試みる女性は少ないと思いますが、対策をしていても焼けてしまうこともあるでしょう。


これが脱毛にまずいのです。日焼けで肌が黒くなるのは肌内部に黒い色のメラニン色素が大量発生しているからです。

つまりこの状態の肌に照射をすると、肌内部のメラニン色素に光が反応してやけどの恐れがあるのです。

期間中は日焼けをしないように気を付けることです。
さらに夏場の紫外線はもう一つ問題があります。



それが照射後の肌です。

照射後の肌はいつもよりデリケートです。


その状態で強い紫外線を浴びると軽いやけどのような状態になることがあります。

これでは次の予約がひびきますし、万が一跡でも残ったら大変です。

そうならないように施術後は長袖や帽子、サングラスなどで日差しから肌を守りましょう。