サロンで採用されている主な脱毛方法

バナー

サロンで採用されている主な脱毛方法

現在サロンや脱毛クリニックで採用されている施術方法には、主に2種類あります。
ひとつ目は、光やレーザーを照射して発毛のもとにダメージを与えて毛が生えるのを阻止する方法です。



皮膚への負担が少なく、近年の脱毛マシンの改良により、痛みや刺激がほとんどなくお手入れが受けられるのが魅力です。



一度の照射で広範囲のお手入れが可能なため、施術時間が短く気軽だというメリットもありますが、光の性質上、粘膜、ホクロ、日焼けした肌への照射が不適切な場合があり、全身のすべての毛が除去できないこともあるので、カウンセリングの時にあらかじめ確認しておきましょう。



ふたつ目は、毛穴に針を刺して微弱の電気を流し、発毛組織を凝固させるニードル方法です。

永続性が高く、1本ずつを確実に除去できるので、毛の間引きをしたり、生え際を細かく整えるのに効果的です。


肌質や毛質を選ばず、あらゆる毛の除去に適しています。

針を刺すときに多少の痛みを伴うことがありますが、医療機関等に分類されるクリニックでは麻酔の使用が認められているので、刺激に敏感だという人は安心です。いずれの脱毛方法も、毛が生え変わる毛周期に合わせておていれを繰り返しているうちにだんだんと毛が薄くなり、やがて自己処理が不要になり、脱毛が完了となります。
個人差がありますが、完了までのお手入れ回数は10回前後です。
それぞれのメリットとデメリットを理解し、部位によって方法を使い分けてお手入れを受けるのもいいでしょう。